So-net無料ブログ作成
検索選択

「ザ・コーヴ」出演女優、現地で漁中止訴える(読売新聞)

 和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りし、アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞したアメリカ映画「ザ・コーヴ(入り江)」に出演した女優ヘイデン・パネッティアさんらが26日、同町で漁をやめるよう訴えた。

 パネッティアさんは、環境保護団体「ザ・ホエールマン・フアンデーション」のジェフ・パントホフ代表や海外メディアの記者らと訪れた。

 町役場で三軒一高町長に面会を求めたが職員に断られ、町漁協でも門前払いされた。この後、映画の題名にもなった入り江「畠尻湾」の浜にイルカに見立てた白い布を敷くパフォーマンスをした。

 町では、訪問を知った地元の市民団体の車が「日本の食文化に口を出すな」とアピールし、町漁協前では、水産会社の従業員が「帰れ」とどなる姿も見られた。

 パネッティアさんは「憎しみをぶつけるのではなく、問題を解決しにきた。イルカ漁をやめて、美しい町が一大観光地になるよう協力したい」と述べた。

 三軒町長は「環境を唱えて売名行為をする団体と会う必要はない。まともな訪問なら、いつでも面会する」と話している。

特定看護師の制度化に向け来年度から検討を(医療介護CBニュース)
首相動静(3月19日)(時事通信)
<社民>班目氏含め国会同意人事案に同意へ 常任幹事会決定(毎日新聞)
<こいのぼり>春風に300匹 佐賀・嘉瀬川(毎日新聞)
小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁(医療介護CBニュース)

「ラテアート」滋賀の村山さんが日本一に(読売新聞)

 カプチーノなどの上にミルクで模様を描く「ラテアート」の全国大会「ジャパン ラテアート チャンピオンシップ2010」(2月26日)で、クラブハリエ日牟禮カフェ(滋賀県近江八幡市宮内町)の村山春奈さん(25)(東近江市大萩町)が初優勝し、世界大会の出場を決めた。

 村山さんは「多くの人に感動を与えられる作品をつくりたい」と張りきっている。

 2004年にホールスタッフとして入店した村山さんは、06年にコーヒーを入れる職人「バリスタ」になった際、ラテアートのことを知り、営業終了後に練習を重ね、技術を磨いた。評判は口コミで広まり、今では客から指名を受けるまでに成長した。

 白い“絵の具”となるミルクは泡立てて使う。空気を入れるノズル、ピッチャーの角度を微妙に調整しながら、きめ細かいミルクに仕上げた後、エスプレッソの中に入れ、一気に絵を描き上げる。集中力と繊細さが求められるため、投げ出したくなったこともあったが、「お客様の喜ぶ顔が、つらい練習の支えになった」と振り返る。

 全国大会では、8分間で6杯のラテアートを作り、見た目の美しさや味を競う。東京であった今年の大会には、約70人が参加。緊張で手が震えたが、「いつも通り」を心がけてリーフ(葉)とハートが連なる絵柄を仕上げ、栄冠をつかんだ。初出場した昨年は2位に終わり、悔しい思いをしただけに、優勝した瞬間、「思わず泣いてしまった」という。

 世界大会「ワールド ラテアート チャンピオンシップ」は6月、英国・ロンドンであり、約40か国の代表が技を競う。村山さんは「満足できる作品を仕上げられるよう、練習に励みたい」と話している。

密約文書紛失で調査委=有識者交え、実態解明(時事通信)
手塚治虫少年が昆虫追った森に記念碑…宝塚(読売新聞)
新潮社側の敗訴確定 ノースアジア大名誉棄損訴訟で最高裁(産経新聞)
政権交代が追い風=金融庁、お手盛り許さず−役員報酬開示(時事通信)
<北教組事件>小林議員処分へ 鳩山首相(毎日新聞)

<鳩山首相>「日米同盟基軸の方針揺るがず」防大卒業式で(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日、神奈川県横須賀市の防衛大学校(五百旗頭(いおきべ)真校長)の卒業式で訓示し、「日米同盟を基軸とする方針は、鳩山内閣でも揺るぎなく継続していく」と強調した。その上で、自衛隊を「アセット資産)」と位置付け、「日本外交のために戦略的に使いたい」と述べ、国連平和維持活動(PKO)など国際貢献に積極的に取り組む意向を示した。

 首相は「近隣諸国との間に、信頼醸成と相互依存のネットワークを張り巡らせ、共通ルールを構築する視点も、わが国の安全保障戦略上、不可欠だ」と述べ、自ら提唱する東アジア共同体構想に言及した。今年度の卒業生は留学生11人を含む375人(うち女性26人)。自衛官任官者数は345人で、民間企業に就職など任官拒否者は17人(同1人)だった。【仙石恭】

【関連ニュース
普天間移設:鳩山首相、米に理解求めていく考えを強調
普天間移設:鳩山首相「難しいけれど頑張っている」
鳩山首相:パラリンピック金メダリストにおわび
東アジア共同体:5月末にまとめ 首相が指示
鳩山首相:生方氏更迭やむなし「議論は党の中で」

<訃報>吉田成堂さん79歳=書家、毎日書道会理事(毎日新聞)
<生方氏解任>閣内「収拾」の思惑 批判を抑制(毎日新聞)
核密約文書後任に引き継ぎ、情報公開法時意図的破棄を示唆、密約参考人質疑で東郷元条約局長(産経新聞)
老人ホームで3人刺す…入所の69歳「殺そうと」(読売新聞)
雑記帳 「可愛い」…ペンギンが氷上散歩(毎日新聞)

<いじめ?>同級生暴行の様子ビデオ撮影 中国地方の中学で(毎日新聞)

 中国地方の市立中学で、3年生男子が同級生数人にいじめられているような音声付き映像を、男子同級生がビデオ撮影していたことが分かった。撮影した動画は一時、インターネットの動画サイトにも掲載された。地元の市教委はいじめの疑いがあるとみて、学校や生徒から事実関係を聴いている。

 市教委などによると、映像は教室内で3年生男子4人が1人の男子を押し倒し足で顔をけったり、平手打ちする様子を映している。その光景を見て笑う女子生徒も映っていたという。撮影は別の男子同級生で、映像は少なくとも2種類あり、先月14日の昼休みに教室や音楽室で撮影した。2月下旬に動画サイトに投稿されたが、撮影した同級生が削除したという。

 今月14日夜、市に匿名の通報があり、市教委が調べて判明。中学校は15日、PTAを対象に説明会を開き、経緯を説明した。

 同校教頭は「重く受け止めている。今後のことは市教委と相談してきちんと対応していきたい」と述べた。

【関連ニュース
中2自殺:「いじめ確認できず」…東京・清瀬市教委
鹿児島中2自殺:いじめが原因か 学校のアンケートで浮上
自殺:鹿児島で中2男子死亡 遺書なく学校で原因調査へ
中2自殺:「遺書に名」生徒ら提訴 岐阜・瑞浪
中2自殺:いじめ示唆のメモ公開 市教委は「確認できず」

ダンプ運転手を書類送検=1月の特急衝突事故−北海道警(時事通信)
首相動静(3月21日)(時事通信)
鳩山政権の日米同盟批判、陸自1等陸佐が異動に(読売新聞)
橋下知事「東京には行きたくない」(産経新聞)
<生体肝移植>同意得ず研究段階の手術行う 東京医科大(毎日新聞)

<大島幹事長>小林議員が辞職しないのは「民主の意図」(毎日新聞)

 自民党の大島理森幹事長は16日の記者会見で、北海道教職員組合による違法献金事件に絡み、民主党の小林千代美衆院議員が15日までに辞職しなかったことについて「参院選前に(衆院)補選をしたくない民主党の意図によるものだ。(小林氏に)国会で説明責任を問いたださなければならない」と批判した。公職選挙法の規定で、15日までの辞職なら4月下旬に補選が行われた。

【関連ニュース
大島幹事長:舛添氏に自重促す 総裁辞任に講演で言及
大島・自民幹事長:舛添氏に自重促す 総裁辞任に講演で言及
語録:再編ゲーム求めてない−−大島・自民幹事長
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 比例代表・東北
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 小選挙区・東北

八ッ場の老舗旅館休業へ、ダム中止表明後初(読売新聞)
路上に男性変死体、殺人で捜査 手縛られ頭部打撲跡 国分寺(産経新聞)
携帯サイトに書き込まれた動機に「こんなくだらないことで…」怒る被害者 秋葉原殺傷(産経新聞)
自民・与謝野氏らが新党結成ではなく党改革実現を目指すことを確認(産経新聞)
大阪府教委も国を滅ぼす!? 元校長激白「国旗降ろせと圧力あった」(産経新聞)

<伊勢丹吉祥寺店>閉店…38年余の歴史に幕 東京(毎日新聞)

 全国的に百貨店の閉店が相次ぐ中、伊勢丹吉祥寺店(東京都武蔵野市)が14日、38年余の歴史に幕を閉じた。

 JR中央線吉祥寺駅周辺の商業地域の中核として、「都内で住んでみたい街」に常時ランキングされる「吉祥寺」のイメージアップに貢献してきたが、競合店との競争激化や長引く消費低迷で撤退に追い込まれた。

 この日は別れを惜しむ常連客などが殺到し、店内は満員電車並みに混雑した。営業終了の午後7時、「蛍の光」が流れるなか、吉田栄一店長はじめ店員やスタッフが深々と頭を下げて感謝を表し最後の客を見送った。

 跡地は複数の専門店が入る新たな複合商業施設として10月にオープンする予定。都内では伊勢丹吉祥寺店に続き、西武有楽町店(12月25日)の閉店が決まっている。

【関連ニュース
松坂屋:名古屋駅店8月閉鎖発表 正社員は本店などに転属
百貨店が苦戦している/3 再編して生き残り?
松坂屋:名古屋駅店、8月めどに閉鎖へ
京都ロフト:京都市中心部に再び 大型店閉店相次ぐ中「ミーナ」に移転決定 /京都
中合:会津店が閉店 神明通りで46年間営業、最終日にぎわう−−会津若松 /福島

7人焼死火災、グループホーム運営会社など捜索(読売新聞)
副操縦士、飛行中に操縦室でクルーと記念写真(読売新聞)
自宅から大麻、コカイン押収 JAYWALK・中村容疑者(産経新聞)
岡田・前原・長妻大臣、消えた「切れ味」(読売新聞)
核持ち込みの可能性に言及=有事で日米合意が前提−亀井氏(時事通信)

博士号剥奪の東大トルコ人助教、論文4割が盗用(読売新聞)

 工学博士の学位を取得した際の論文で「悪質な盗用」をしたとして、東京大学は5日、大学院工学系研究科のトルコ人研究者、アニリール・セルカン助教(36)の博士の学位を取り消したと発表し、文部科学省は東大に対し、学位の審査体制に不備がなかったか調査・報告するよう指示した。

 学位の取り消しは今月2日付。東大は今後、懲戒処分を検討する。

 東大によると、博士の学位剥奪(はくだつ)は東大史上初めて。大学側の事情聴取に対し、助教は盗用を認めた。助教は自身のブログなどで、米航空宇宙局(NASA)から、トルコ人初の宇宙飛行士候補に選ばれたとも説明しているが、NASAは読売新聞の取材に「該当者はいない」と回答している。

 東大の発表によると、助教が2003年に博士の学位を取得した際の論文「宇宙空間で長期居住を可能にする軌道上施設に関する研究」全376ページのうち、149ページで他人が書いた文献や、データの盗用が見つかった。出典を明記せず、自分の成果のように装った部分もあった。

 助教は1999年に工学系研究科(建築学専攻)の研究生になり、05年に同科の助教(当時は助手)に採用されたが、その後、論文の不正を指摘する情報が寄せられていた。

 助教は計9年近い東大在籍期間を通じ、工学系研究科の同じ研究室に所属。博士論文は同科の5人の教員が審査したが、審査を取りまとめたのは、この研究室の指導教授だった。東大によると、一部の学科・専攻では、審査の透明性を高めるため、指導教官が審査委員に入ることを認めていないケースもあるが、工学系研究科では兼任することは珍しくないという。

 学位の取得後に一時所属していた宇宙航空研究開発機構の調査で、別の論文でも学術誌への掲載が確認できないといった不正が見つかっている。

防大生3人を逮捕=準強姦未遂容疑−警務隊(時事通信)
パチンコ景品営業車、駐車中に400万消える(読売新聞)
雪で電柱折損、断線…山梨県内で4000世帯が停電(産経新聞)
民主が政策研設置へ(産経新聞)
仲井真知事「陸上案はベクトルが逆」 普天間問題、平野官房長官と会談(産経新聞)

1人区に全力を 渡部氏が小沢氏の選挙戦術批判(産経新聞)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は5日、TBS番組「時事放談」の収録で、夏の参院選の改選数2議席以上の「複数選挙区」で複数候補を擁立する小沢一郎幹事長の方針について「小沢君と全く考え方が違う。2人取れっこないところに2人立てて苦労するよりは29ある1人区に全力を尽くす。これが参議選に勝つ方法だ」と批判した。

 小沢氏の元秘書らの政治規正法違反事件に対する小沢氏の説明については「(有権者に)納得していただけないから世論調査で40%以上(幹事長を)辞めろという声が出る。絶対悪くないならば国会の場でもあらゆる場へ行って、潔白を証明すればいい」と語った。

【関連記事】
小沢氏「自民党政治では救われない」
ぶれる日本は「蚊帳の外」 米は何もしてくれない
事業仕分け第2弾、行刷相が“予防線”張る
“参院民主の乱” 「公共事業止めるな」 子ども手当「評判悪い」
民主マニフェスト検証・検討委の設置を表明 鳩山首相
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

阿久根市長が市議会ボイコット「マスコミがいる」(読売新聞)
地球温暖化時代の津波(産経新聞)
ダチョウ卵の殻に幾何学模様=6万年前、水筒に利用か−南ア(時事通信)
原子力副読本 小中学生に配布 エネ庁と文科省(毎日新聞)
5月に新年金制度の基本原則 政府が議論開始(産経新聞)

板橋の4200万円強奪 新たに男2人逮捕(産経新聞)

 東京板橋区成増で平成20年12月、飲食店経営会社の男性社員=当時(41)=が襲われ、現金約4200万円が奪われた事件で、警視庁捜査1課と高島平署は5日、強盗致傷の疑いで板橋区東新町、職業不詳、田中強被告(38)=別の恐喝未遂罪などで起訴=と埼玉川口市並木元町、元同社員、由井憲一容疑者(40)を逮捕した。同課によると、2人は容疑を否認している。

 同課は、当時同社員だった由井容疑者が、給料日だった事件当日に多額の現金を引き出して運ぶことなどを田中容疑者に伝え、田中容疑者が犯行を計画したとみている。

 逮捕容疑は、すでに同容疑で逮捕、起訴された実行役4人と共謀して20年12月30日午後2時ごろ、板橋区成増の路上で、男性社員に催涙スプレーを吹き付け、殴るけるなどの暴行を加え、約4200万円が入ったバッグを奪い、男性に全治約1カ月のけがを負わせたなどとしている。

【関連記事】
北京語で「きれいな中国人を」 風俗店女性2人呼び出し現金奪う
事故現場で救護中にパトカー盗まれる 栃木県警
強盗強姦未遂の疑いで男逮捕、8回目 大阪
58歳女性宅に侵入、強盗強姦容疑で48歳の男逮捕 香川県警
殺人容疑で妻ら5人逮捕 首つり自殺装う 宮城県警

円楽襲名パーティーに小沢幹事長が出席(産経新聞)
「対応に深い悔恨の念」=検証結果を公表−死亡小1の虐待で区・東京(時事通信)
H氏賞に中国出身・田原さん「石の記憶」(読売新聞)
過大報酬、弁護士を懲戒処分=業務停止4カ月−愛知県弁護士会(時事通信)
ロバート秋山さん、玉突きで軽傷=インパルス堤下さんの車も−東京(時事通信)

きたれ!「4000人のブートキャンプ」へ 万博40周年記念(産経新聞)

 大阪万博の開幕から今年3月で40周年となるのを記念し、万博が開かれた大阪府吹田市を拠点に活動する社会人アメフット・Xリーグ1部「吹田マーヴィーズ」が22日、万博記念公園内のエキスポフラッシュフィールドで4千人が参加する大がかりな「ビリーズブートキャンプ」を計画。参加者を募集している。

 チームが企画する40周年記念イベントの目玉。「スポーツを通じてインパクトのあるPRを」と、短期集中型エクササイズDVD「ビリーズブートキャンプ」で一世を風靡(ふうび)したビリー・ブランクスさん=大阪府茨木市=に協力を依頼した。ビリーさんは「世界最大規模の“キャンプ”になる」と意欲を見せているという。

 当日は「ビリー隊長」も来場して約45分間のエクササイズを指導。年齢制限などは設けておらず、誰でも参加できる。吹田マーヴィーズの元野勝広代表(32)は「まだ応募は数百人ぐらいだが、ぜひとも4千人で元気にPRしたい。大人も子供もみんなで盛り上がりましょう」と参加を呼びかけている。

 詳細は吹田マーヴィーズのホームページへ。

【関連記事】
ドコモ「ビリー」で有名、通販大手買収の“思惑”
上海万博 国内観光客1億8千万人 市当局が大幅増見込む
太陽の塔、40年ぶり「目」点灯へ
巨大市場へ技術力PR 準備進む上海万博「日本館」
新日中友好21世紀委員会が閉幕「上海万博で交流拡大を」

<プルサーマル発電>伊方原発3号機「臨界」に(毎日新聞)
皇太子さま、6日からアフリカご訪問「以前から親しみを持ってきました」(産経新聞)
<線香>ありがたさ倍増? 2ミリの般若心経(毎日新聞)
空自の官製談合、幕僚長「悪意ないと思う」(読売新聞)
<天皇陛下>内井昭蔵回顧展を鑑賞 世田谷美術館(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。